トラブル

退職代行サービスを使ったら会社から電話がかかってきた!突然連絡があった場合どうする?

投稿日:2018年12月11日 更新日:

退職代行サービスを使ったら会社から電話連絡が!

退職代行サービスを使って会社を辞める場合、自分から勤務先の会社に連絡する必要は一切ありません。

ほとんどの退職代行サービスがホームページに「会社への連絡不要」といった文言を記載しています。

しかし、こちらから会社に連絡することはなくても、退職代行業者の担当スタッフから依頼者に代わって退職の連絡を受けた会社側がこちらに連絡してくることはあるのでしょうか?

そんな心配もあって、もしかしたら退職代行サービスを利用すべきかどうか悩んでいる人も中にはいるかも知れません。

もし会社からの連絡が不安で退職代行サービスを利用すべきかどうか迷っているのであれば、この記事を読んで少しでもスッキリした気持ちになっていただけたら嬉しいです。

会社側から本人に連絡してこないようにするにはどうしたらいいか?

退職代行サービスに申し込んで、打ち合わせ通りに退職代行業者の担当スタッフが勤務先の会社に連絡した後、突然、自分のところに会社側から電話がかかってきたら嫌ですよね?

せっかく嫌いな上司や会社の人間と一切接触しないまま会社を辞められると思って退職代行サービスに依頼したのに、向こうから連絡してきたら本末転倒だと思う人もいるでしょう。

しかし、こういったケースはごく稀です。

本人には一切連絡しないように退職代行業者が会社側に伝えているため、よほどの理由がない限り、心配にはおよびません。

よほどの理由とは、たとえば会社に対して大きな損害を及ぼすような要因だったり、機密情報や顧客情報を持ち出していたり、トラブルを引き起こしていたりといった感じで、会社側にとっても問題解決にあたってどうしても本人との話し合いが必要となる場合です。

それでも会社からの連絡が不安な場合は、打ち合わせの際に退職代行業者の担当スタッフに「会社に連絡する時に自分のところに連絡しないように伝えてください!」と念を押しておきましょう!

伝えているにもかかわらず会社から連絡があった時の対処法

退職代行業者が本人に代わって勤務先の会社に連絡をとって、退職の意思を伝える際に本人には連絡しないように促したにもかかわらず、会社から自分のところに連絡があった場合は、応答しないでも構いません。

基本的に会社からの電話は無視してもOKということです。

しかし、会社から連絡があったことは退職代行業者の担当スタッフに伝えましょう。

もしかしたら、退職手続きに必要な連絡かも知れません。

こういった場合は、退職代行業者から会社に再度連絡をとってもらって要件を聞くことも可能な場合もあるので、相談してみると良いでしょう!

退職届がその会社独自の形式のものでないと、手続きできないといった連絡をしてくる企業もあるようですからね。

また、離職票をどうするのか確認するために会社側が本人に連絡してくる場合もありますが、この件については退職代行業者の方から郵送してもらうように伝えてくれます。

退職代行サービスを利用して会社を辞めたら離職票はどうなる?
退職代行サービスを使って会社を辞めても離職票はもらえる?

会社を辞めた後は、これまでのように毎月給料が振り込まれることもなくなるため、次の仕事が決まるまで失業保険に頼る人も多いと思います。 失業保険を受け取るためには離職票をハローワークに提出する必要がありま ...

続きを見る

会社から本人に直接連絡があった場合は、とりあえず応答せずに無視して、連絡があったことを退職代行業者の担当スタッフに相談しましょう。

必要であれば、退職代行業者の担当スタッフから会社側にその件について確認を取ってもらえるようにお願いすると良いと思います。

法律的な強制力はないが・・・

退職代行サービスでは、会社に退職の意思を連絡する際に本人に連絡をしないように伝えることはできますが、そこに法的な強制力はありません。

会社側が本人に連絡をしてきても法律的には何も問題ないということです。

退職代行業者は、たしかに退職の意思を会社に連絡することを代行してくれますが、代理権を持っているわけではありません。

ただし、ほとんどの会社は手続き上の確認事項がなければ、わざわざ退職する人間に対して「どうして退職代行サービスなんて使って会社を辞めようとするんだ!直接退職願いを持ってこい!この卑怯者が!」みたいな連絡はしてきません。

そんなことをしても会社側にとって何の利益にもならないですからね。

会社というのは利益を上げなければいけないため、無駄なことに関与している暇はありません。

会社にとって退職する従業員というのは、将来的に利益をもたらさないわけですから、もし連絡してくるとしたら退職の手続き上、どうしても本人に確認したいことがある場合がほとんどです。

もし会社から連絡があった場合は、退職代行業者の担当スタッフに相談すれば良いだけなので、決して恐れたり心配する必要はありません。

ほとんどの会社が本人に連絡してこない理由

ほとんどの会社は、退職代行サービスを利用したからといって、その件について追求することを目的として直接本人に連絡してくることはありません。

先ほどと重複しますが、その理由については以下のとおりです。

ほとんどの会社が退職代行サービスを使ってことに対して本人に連絡してこない理由

  • 辞める人間を追求したところで会社にとってまったく利益にならない
  • 会社にとって利益に直結しない雑務は生産性を下げる
  • 直接本人に連絡して退職を引き止めることは違法行為にあたる危険がある
  • 退職を希望しているということは、これ以上会社に貢献する人間ではないという判断(会社にとっても不要)

会社から連絡がある場合は、退職手続きにあたって本人に直接確認しなければならないことや、書類の作成に関することがほとんどです。

もし会社から連絡があったら、応答せずに依頼した退職代行サービスの担当スタッフに相談してください。

この件については、自分の勝手な判断で行動するのではなく、退職代行サービスの指示に従いましょう。

下手に会社からの連絡を受けてしまって、結果的に退職できなかった場合は本人に原因がありますからね。

くれぐれもご注意ください。

参考退職に失敗するのは退職代行サービスというより本人のミス?

よほどのことがない限りは、退職代行サービスを利用しても、会社側から本人に連絡してくることはありません。

万が一、会社から連絡があってもこの記事を読んで対処法を知っていれば大丈夫です。

合わせてそれぞれの退職代行サービスの口コミや評判、利用料金なども参考にしてみてください。

退職代行サービスの口コミ・評判

退職代行サービスの料金

はじめての退職代行

退職代行ランキング

価格・安全・安心を基準にオススメを紹介!

-トラブル

Copyright© 退職GO! , 2019 All Rights Reserved.