にほんブログ村 就職バイトブログへ

職場の人間関係

職場での人間関係が合わない人は考え方を少し変えると楽になる?

職場の人間関係が合わない

職場の人間関係が自分には合わなくて、やりにくいと感じる人は多いようです。

いつの時代も会社に対する不平不満を口にするサラリーマンはいたりしますが、人間関係の愚痴がほとんどではないでしょうか?

誰にでも職場に1人や2人もしくはそれ以上、相性の合わない人はいると思います。

しかし、それでもうまくやっていきたいのであれば、漠然と「この会社は人間関係が合わない!」と嘆くのではなく、どの部分が自分とは合わないのかを客観的に考える必要があります。

  • 性格が合わないのか?
  • 価値観が合わないのか?
  • 物事の考え方が合わないのか?
  • 仕事におけるスタンスが合わないのか?
  • 仕事のやり方が合わないのか?
  • コミュニケーションの取り方が合わないのか?

職場の人間関係が合わないといっても、どこがどのように合わないのかをよく考えてみると、その理由は相手によってもさまざまです。

感情的にならずに落ち着いて考えると、相手のことを理解できたりします。

もし現在の職場での人間関係が自分には合ってないと感じているのであれば、この記事をヒントにほんの少しだけ考え方を変えることで楽になるかも知れません。

職場の人間関係が合わないのは当たり前

職場の人間関係が合わないのは当たり前

職場の人間関係が合わないのは当たり前

冒頭で職場の人間関係が合わないと感じる人は多いと書きましたが、それもそのはずで・・・

職場の人間関係というのは、合わなくて当たり前だと思った方が良いでしょう。

仕事という目的は同じでも、そこに集まる人たちはそれぞれ違いますからね。

  • 世代の違い
  • 経験の違い
  • 性格の違い
  • 価値観やものの捉え方の違い
  • 受けてきた教育の違い
  • 立場の違い
  • 男女の違い

パッと思いつくものを挙げるだけでも、これだけの違いを持った人たちが一緒に仕事をするわけですから、中には相性の悪い人がいても不思議ではありません。

スポンサーリンク

「人間関係が合わない」の正体は?

職場の人間関係が合わない原因は自分との違いを受け入れられないストレス?

以前に以下の関連記事で「職場の人間関係は仕事上の関係性に過ぎない」と書きました。

しかし、いくら職場の人間関係は仕事上の関係に過ぎないといっても、私たちはロボットではないので、自分との違いを受け入れるのが難しい人も当然いたりします。

実はこの「自分との違いを受け入れるのが難しい」という状態こそが「合わない」の正体です。

  • 苦手な人
  • 嫌いな人
  • 理解できない人

上記のような人たちも、その背景には「自分との違いを受け入れるのが難しい」という事情があったりするものです。

自分との違いを受け入れるのが難しい人たちと一緒に仕事をしていくわけですから、職場の人間関係を良好に保つのは大変ですよね?

スポンサーリンク

人間関係がつらい原因は相性の悪い相手を拒絶し続けるストレス

職場の人間関係が合わなくてストレスを感じる

職場の人間関係が合わなくてストレスを感じる

職場の人間関係に恵まれず、うまくやっていけないという悩みを抱えている人たちの多くは、相手側にその原因を求めてしまいがちです。

たとえば、自分が職場の人たちとうまくやっていけないのは、相手の性格に問題があるからだと主張する人とか…

相手の指示の出し方が下手だから、仕事が思うようにいかないとか…

もちろんそれが事実だったりする場合も多々ありますが、このように自分とは違う相手をいちいち拒絶し続けるのも結構なエネルギーを消費します。

毎日、こんなことを繰り返していたら、ストレスも溜まりますよね?

人間関係がつらい原因は、相性の合わない相手を拒絶し続けるストレスにあるといっても良いでしょう。

他人の言動に反応しやすい人ほど人間関係によって消耗する傾向が強いのでご注意ください。

人間関係において他人を変えることはできないというのは鉄則です。

他人の言動にいちいち反応してストレスを溜め込むよりも、自分の考え方や行動を少しだけ変えてみることが重要です。

スポンサーリンク

職場で合わない人との接し方

仕事上、どうしても相性の合わない相手と接する機会が出てきてしまう人もいるでしょう。

無理して相性の悪い相手に合わせる必要はありませんが、自分のあり方を少しだけ変えてみると、必要最低限のコミュニケーションは取れたりするものです。

職場で相性の合わない人と接する時は、できるだけ距離を置くことを前提に以下の行動を心がけてみてはいかがでしょうか?

職場で合わない人との接し方

  • その人の嫌いな部分だけを見ようとしない
  • 相手の性格ではなく、仕事上の役割を重要視する
  • 気持ちよく挨拶をする
  • 相手の良い部分を探す努力をする
  • 相手と合わない部分とその理由を具体的に書き出す
  • 自分のこだわりや価値観を優先しない
  • 相手に期待しない
  • 自分の正しさに固着しない
  • 相手が発する言葉の要点のみを抜き出し、言い方や言葉のチョイスは気にしない
  • 感情で行動しない

とくに相手と合わないと感じる部分とその理由について書き出す作業は、客観的に自分と相手の関係性を見直すことにもつながるので効果的です。

同時に自分がこだわっている部分や正しいと思っていることも書き出して、相手の言動と比較してみると問題点がより明確になります。

相手を知り、自分を冷静に見直すことによってお互いの関係性を軌道修正することも可能ですからね。

まずは相手を理解したうえで、自分の気持ちと向き合うことを意識しましょう。

職場では気の合う人と仲良くすればいい

基本的に職場での人間関係は、仕事上の信頼関係と必要最低限のコミュニケーションが構築できていれば問題ありません。

いちいち細かいことを気にしてビクビクするよりも、与えられた仕事に集中することが重要です。

職場の人間関係はどうでもいい?
職場の人間関係なんてどうでもいい!何も恐れる必要はない?

職場の人間関係が気になって仕方ない人というのは、無意識にこんなことを考えてしまう傾向があったりするようです。 職場の人たちは自分のことをどう思っているか? 上司は自分のことをきちんと評価してくれている ...

続きを見る

職場の人間関係はあくまで仕事上の関係性だと自覚したうえで、それでも仲良くしたければ気の合う人と深く付き合えば良いと思います。

無理に合わない人と仲良くする必要はありません。

合わない人とは、仕事に支障をきたさない程度のコミュニケーションが取れていればそれでOKです。

職場の人間関係は深入りしない方が仕事もうまくいきますからね。

職場の人間関係は深入りしない
職場の人間関係は深入りしない方が仕事もうまくいく?

職場の人間関係に思い悩む人はいつの時代も少なくありませんが、その原因として人と適度な距離感を保つことができていないケースも多いのではないでしょうか? つまり、職場の人間関係に深入りし過ぎるあまり、本来 ...

続きを見る

それでも職場の人間関係に馴染めなくて苦しい状況から抜け出せないのであれば、上司や会社の窓口に相談しましょう。

関連記事

以下の関連記事は職場いじめについて書かれていますが、人間関係の相談も同様です。

-職場の人間関係

Copyright© 退職GO! , 2019 All Rights Reserved.