にほんブログ村 就職バイトブログへ

職場の人間関係

職場の人間関係が女性に与えるストレスとその原因・対処法とは?

2019年9月15日

職場の人間関係にストレスを感じる女性は多い?

職場での悩み事は尽きませんが、仕事内容よりも人間関係に思い悩む傾向は、男性と比較して女性の場合、少し事情が違ったりします。

男性にはない女性特有の人間関係ってありますからね。

たとえば女性特有のグループ行動などは、男性には理解し難い側面も多く、独特のコミュニケーションだったりします。

女性の場合、どちらかというと仕事の成果よりもコミュニケーションが重要な役割を果たします。

職場の人間関係次第で仕事がうまくいったり、いかなかったりするのも男性よりも女性の方が比較的コミュニケーションによる影響を受けやすいからなのかも知れません。

女同士の人間関係というのは、コミュニケーションが上手に取れている時は快適で楽しいものです。

しかし、女性特有の人間関係は時にはもろく、一度こじれただけで大きなストレスとなります。

もし現在の職場で女性特有の人間関係に大きなストレスを感じているようでしたら、この記事を読んでヒントを得ていただけたらと思います。

また、周囲に職場の人間関係で悩んでいる女性がいる場合は、この記事をシェアすることで何かしらのお役に立てるかも知れません。

※ご覧のとおり、こちらの記事は女性向けです。

女性にありがちな職場のめんどくさい人間関係

女性にとってめんどくさい人間関係

女性にとってめんどくさい人間関係

冒頭で少し触れた女性特有の人間関係についてですが、その中でもありがちな女性にとってもめんどくさいと感じる関係性には以下のものがあげられます。

女性がめんどくさいと思う職場の人間関係

  • 仲良しグループと集団行動
  • 他人の悪口やうわさ話
  • 仕事の愚痴
  • プライベートに踏み込んでくる
  • 気分屋

こまかい点をあげるとキリがないので、わかりやすいものを取り上げてみましたが、捕捉も兼ねてひとつひとつ解説していきましょう。

スポンサーリンク

仲良しグループと集団行動

女性は男性と比べて、特定の仲良しグループを作りたがる傾向が強かったりします。

そして、女性はとにかく群れるのが好きというか…グループで行動を共にするケースが多いです。

女性のグループにおいては、男性のように上司と部下だったり、先輩・後輩といったわかりやすい上下関係や仕事ができるかどうかはそこまで重要視されません。

女性の場合、仕事ができない人がグループ内ではリーダー的な存在だったり、たとえ仕事上では先輩・後輩であっても友達のように接する場合も多々あります。

また、男性の人間関係においては実力のある人ほど評価される傾向が強いですが、女性の場合、必ずしもそういうわけではありません。

つまり、女性のグループ内でのパワーバランスというのは、何が基準なのかハッキリとわかりにくいわけです。

なので、尊敬に値しない人がグループのリーダー的存在である場合、周囲の人たちはその人の気分によって振り回されやすくなります。

とくに女性による派閥のある職場には、こういった特徴があらわれやすいものです。

他人の悪口やうわさ話

男性と比べて、女性はとにかく他人に関する話が好きです。

自分以外の人に興味を持ったり、好奇心旺盛なのは良いことかも知れませんが、女性が集団になると他人の悪口やうわさ話で盛り上がるケースが多かったりします。

もちろん、他人の悪口やうわさ話で日頃の鬱憤を晴らすという目的もありますが、女性の場合は悪口やうわさ話が娯楽というか、ひとつのコミュニケーションになってしまっているんですね…

テレビのワイドショーや週刊誌による芸能人のゴシップネタなどに反応しやすい人も、圧倒的に女性が多いのではないでしょうか?

女性は身近にいる人だけでなく、対象が遠い存在であっても関係なく、悪口やうわさ話をする傾向が強く、男性からするとどうでもいいことでも、それが女性にとっては立派なコミュニケーションの取り方だったりするわけです。

しかし、毎回こういった他人の悪口やうわさ話で盛り上がる関係性にストレスを感じている女性も実際には結構いたりします。

いくら盛り上がっても、毎回、他人の悪口やうわさ話ばかりだと疲弊してしまう気持ちもよくわかります。

仕事の愚痴

女性が発する仕事の愚痴というのは、男性のように上司や先輩といった目上の人に対する不平不満や言うことを聞かない部下への気苦労といった内容だけでなく、本当に下らないどうでもいいことも多く含まれます。

たとえば、職場にいる特定の人の髪型だとか、家庭のことだとか・・・。

他人の身だしなみについて嫌悪感を示し、愚痴るのも女性特有かも知れません。

また、女性による仕事の愚痴は妄想話も多く含んでいたりして、とにかく話を誇張する傾向もあります。

たとえば、女上司に叱られたことを愚痴る時にも、不倫相手に振られたからあの人は機嫌が悪いといった妄想に結びつけて大袈裟に話したり・・・。

女性特有のコミュニケーションによって、悪口やうわさ話が社内で拡散される頃には、かなり歪曲された情報が伝達されているケースもあったりするので厄介ですよね?

本人にはそんなつもりはまったくなくても、ちょっとした仕事の愚痴が変なうわさ話と重なって、外部の取引先にまで悪影響を及ぼす危険もないとは言い切れません。

他にも仕事ができないのは自分の責任なのに、被害者ぶって他人のせいにしようとして愚痴を言う人も女性にはわりといたりします。

プライベートに踏み込んでくる

男性と比べると、女性の方がやたらと他人のプライベートを詮索したがる人は多いです。

たしかに男性よりも女性の方がコミュニケーションを重視する傾向は理解できますが、プライベートにまで踏み込まれると不快に思う人も結構いたりします。

とくに女性は恋愛話や旦那ネタが大好きですからね。

また、他人のプライベートに興味を持つくせに、自分よりも幸せそうに見える人を嫉むのも女性特有といえばそうかも知れません。

もちろん、男性にも他人を嫉む傾向はありますが、どちらかというと男性は自分との能力の差に嫉妬するのに対して、女性はライフスタイルそのものを嫉むといった感じではないでしょうか?

さらに女性の場合、特定のグループによる集団行動、悪口やうわさ話好きといった特徴もあるため、周囲の人たちに嫉まれたら職場の人間関係においても死活問題です。

こういった女性特有の人間関係の煩わしさから、プライベートに関する話は極力避けたくなるという気持ちもよくわかります。

気分屋

女性は基本的に気分屋です。

気分屋同士がグループを作って集団行動しているのだから、女性の人間関係がめんどくさいのは安易に想像できることでしょう。

男性の場合だと論理的思考で物事を考えて行動する傾向が強いですが、女性は基本的に感情優位です。

そして女性の感情は変化が激しく、気分もコロコロと変わります。

女性同士の場合であれば、なんとなく雰囲気で周囲の人たちの気分を察することもできますが、男性にとってはこの気まぐれが理解できなくて、仕事がやりにくい状況に陥る可能性もあったりします。

男性にとってはありえない話かも知れませんが、女性は気分で仕事をする傾向が強いということです。

気分屋と接するのも苦労しますよね?

スポンサーリンク

対処法は愛嬌と距離感のバランス?

めんどくさい職場の人間関係の中で、女性がそれなりにうまくやっていくためには、主に以下の2つが重要だったりします。

  • 愛嬌
  • 距離感

もちろん職場の人間関係が仕事上の関係性に過ぎないというのは前提条件です。

しかし、女性の場合に限っては男性ほど結果がすべての世界ではなかったりもしますし、仕事の成果よりもコミュニケーションが重要な役割を果たす場合も多いため、うまく仕事として人間関係を割り切るのが困難な人も多いでしょう。

たしかに男勝りで人間関係なんて気にせず、バリバリ仕事をこなして成果をあげる女性も世の中にはいます。

職場の人間関係はどうでもいい?
職場の人間関係なんてどうでもいい!何も恐れる必要はない?

職場の人間関係が気になって仕方ない人というのは、無意識にこんなことを考えてしまう傾向があったりするようです。 職場の人たちは自分のことをどう思っているか? 上司は自分のことをきちんと評価してくれている ...

続きを見る

男性でしたら、職場の人間関係なんて気にしなくても仕事で大きな成果をあげて出世すれば、着いてきてくれる人も結構いると思いますが、女性の場合はどんなに仕事ができても、コミュニケーションがうまく取れていないと嫉まれたり、嫌がらせやいじめの標的にもなりやすいので注意が必要です。

女性は、仕事ができる同性に憧れは抱きますが、必ずしも「憧れ=尊敬」ではなかったりするわけです。

また先ほども触れたとおり、会社内のいわゆる女性特有の仲良しグループにおいてもリーダー的存在となるのは、決して仕事ができる人とは限らないため、逆に職場の人間関係を仕事だと変に割り切っているのが周囲に伝わるといじめや嫌がらせの標的にされやすかったりもします。

そこで対処法として重要なのが、先ほどもあげた愛嬌と距離感のバランスです。

スポンサーリンク

女は愛嬌

「女は愛嬌」という言葉がありますが、女性の場合、とくに職場の人間関係において愛嬌はやはり大事です。

決して仕事をバリバリとこなすタイプではないけれど、不思議なことに上司や周囲の人たちから手厚いサポートを受けて、成果をあげている女性っていたりしますよね?

それとは逆にバリバリ仕事で成果をあげているのに、実力が評価されず、上司や先輩からは生意気だと言われ、同僚からは嫉まれて、部下は近づこうとさえしない女性もいます。

女性の場合、やはり愛嬌によって周囲の協力を得られるかどうかが左右されます。

同じように仕事で成果をあげるのであれば、男性と違って女性の場合は、上司や先輩たちのサポートや同僚・部下の協力を得た方がなにかと有利です。

敵を作っても自分の責務を果たす男性は尊敬されますが、女性の場合は逆効果で、むしろ持ち前の愛嬌を武器にした方が仕事も人間関係もうまくいきやすいということです。

とはいえ、決して八方美人になる必要はありません。

距離感の調整

職場の人間関係において距離感は大切です。

しかし女性の場合、こちら側が一定の距離を置こうとしても、プライベートにまで踏み込んでくる人も多く、適切な距離感を保つのが難しかったりします。

なので、下手に距離を置くというよりもその場によって距離感をうまく調整する必要があります。

相手が攻めてきたらうまく受け流す…といった立ち振る舞いが、女性の人間関係においてストレスを最小限に抑えるコツです。

距離感を調整するうえで、もっとも重要なのは共感力です。

共感力があれば、敵を作ることなく、それなりにコミュニケーションもうまくいきます。

しかし、他人の悪口や仕事の愚痴といったネガティブな話題には注意が必要です。

悪口には同意せず、仕事の愚痴に対しては相手の気持ちに寄り添い、共感だけしていれば十分です。

話の内容はともかく、女性は喋ることでストレスを発散する傾向が強いので、相手に対して同意ではなく共感して聞き役に徹することが効果的だったりします。

スポンサーリンク

女性の方が職場のストレスは身体にも出やすい?

職場のストレスによる体調不良

職場のストレスによる体調不良

男性と比較すると、女性の方が過度なストレスを抱えている時、身体に反応が出やすかったりします。

男性の場合は、過度なストレスにも耐えて、我慢が限界に達した時に突然倒れてしまう…といったケースが多いようですが、女性はその前に身体に反応が出やすいようです。

たとえば、不正出血や生理不順なども男性にはない女性特有の症状だったりしますよね?

また、季節の変わり目などに気圧の影響を受けて、体調不良になりやすいのも女性の特徴かも知れません。

女性の場合は、男性よりもストレス反応がわかりやすいので、もしそういった症状が出たら、会社を休むなりして早めに対処しましょう。

ちなみに原因不明の体調不良に関しては、女性に限らず、男性も十分注意してください。

上司と合わなくてうつ病や体調不良に?
上司と合わない!気づいたらうつ病に?原因不明の体調不良に注意!

職場の上司と合わないことで悩む人は多いと言われていますが、仕事だと割り切って少し我慢すれば、なんとか乗り切れたりするものです。 しかし、この「なんとか乗り切れる」という気持ちが体調不良やうつ病を発症す ...

続きを見る

職場でもっともストレスを受けやすいのは、人間関係だったりしますからね…

ストレスが少しでも身体に出たら、早急に対処できるように常日頃から意識しておきましょう。

スポンサーリンク

どうしても女同士の人間関係がうまくいかなくて疲れた・・・

女性特有の職場の人間関係が、いかに大変で面倒なものかはご理解いただけたと思います。

これまでなんとなく似たようなことを考えてはいたけれど、こうしてひとつの文章として読むと、あらためて腑に落ちる場合もあるかも知れません。

女性にとって職場の人間関係において愛嬌と距離感のバランスが重要だと気づいても、中にはコミュニケーションが苦手でうまく実践できない人も当然いるでしょう。

どうしても、職場の人間関係がうまくいかなくて疲弊しているのであれば、思い切って環境を変えた方が良いケースもあります。

女性はグループ(派閥)を作りたがりますし、コミュニケーションの一環として他人の悪口やうわさ話も当たり前で、誰かを標的にすることで結束しやすいため、一度、職場の人間関係がこじれてしまうと、そのまま会社には居づらくなってしまうものです。

また、悪口やうわさ話が各方面に拡散されやすいのも女性特有の人間関係にはありがちなので、一度こじれると、あることないこと言われたりして大きなストレスとなります。

実際に職場の人間関係を理由に退職・転職する女性も結構いるようです。

とくに女性は男性に比べて出世意欲も低く、働きやすい環境や職場の人間関係を重要視する傾向が強いですからね。

女性にとっては、出世よりも快適な環境で職場の人たちと楽しく働いた方が仕事もうまくいったりします。

どうしても現在の職場での人間関係が耐えられないようであれば、体調不良や情緒不安定に陥る前に辞めるというのもひとつの自己防衛手段です。

会社を辞めれば、こじれた人間関係もリセットできますからね。

一旦、大きなストレスとなっている職場の人間関係を断ち切って、新しい職場で再スタートすればやり直せます。

転職活動の第一歩!

退職するのであれば、いずれは次の仕事を考えることになります。

転職活動の第一歩としては、まずはリクナビNEXTに登録しておけば良いでしょう。

リクナビNEXTは業界最大手、求人数もトップクラスです。

なお、リクナビNEXTでは登録後に無料でグッドポイント診断ができて、強みを発見することで自分に合った仕事を探す際に便利です。

登録は無料です。

リクナビNEXT公式サイト

転職・求人サイトについては以下のページでシンプルにまとめているので参考にしてみてください。↓↓↓

転職・求人サイト一覧

とはいえ、人間関係を理由に会社を辞めるとなると気まずいですよね?

思わず無断欠勤したくなる気持ちもわかりますが、それはいけません。

事情が事情だけに、自分から会社側に対して退職を切り出せないのであれば、退職代行サービスを利用した方がいいでしょう。

退職代行サービスを利用すれば、退職代行を依頼したその日から一切出勤することなく、場合によっては即日退職も可能です。

女性に特化した退職代行サービスもあるので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

わたしNEXTは女性向けの退職代行サービス!
わたしNEXTの口コミ・評価【女性向けの退職代行サービス】

退職代行サービスの利用者といえば、主に20~30代の男性会社員が多いと言われています。 たしかにホームページを見てみると、スーツを着たサラリーマンが登場したり、どこか男性的な色彩や雰囲気が漂っているケ ...

続きを見る

女性の退職代行「わたしNEXT」の料金は最安値?
わたしNEXTの料金は非正規雇用の女性にとっては格安の値段?

業界初の女性に特化した退職代行サービスといえば、わたしNEXTですが、とくにアルバイトやパート勤務の女性にとっては気軽に利用できる料金設定となっています。 女性の場合、自分で退職を切り出せない理由も男 ...

続きを見る

-職場の人間関係

Copyright© 退職GO! , 2019 All Rights Reserved.