にほんブログ村 就職バイトブログへ

職場の人間関係

職場の人間関係で最も怖いのは女性?嫉妬心や執着心に溢れる女たち

2019年9月17日

職場の人間関係で最も怖いのは女性?

以前、女性の多い職場で気をつけることについて取り上げましたが、記事中に以下の文言が出てきます。

女性は集団化すると本当に怖いですからね…

働く女性たちにとって職場の人間関係を煩わしくさせているのが、実はこの「女の怖さ」だったりします。

とくに嫉妬心や執着心に溢れる女性というのは、煩わしさを通り越して恐怖そのものです。

最初は厄介だったり、なんとなくめんどくさいだけだと思っていた職場の人間関係が、「怖い!」と感じるようになって、精神的に追い込まれていく女性も世の中には結構いたりしますからね。

そうなる前になんとか手を打ちたいですよね?

ということで、今回は女性にとって職場の人間関係において最も怖い女社会の闇に触れていこうと思います。

本当に怖いのは、女性特有の嫉妬深さと人を徹底的に追い詰める執着心ではないでしょうか?

客観的にみると些細なことでも、異常なまでに嫉妬し、どこまでも執着する女性っていますからね。

気をつけてください。

男性よりも女性の人間関係が怖いと言われる理由

職場の人間関係に恐怖を覚える女性

上下関係を重んじる男性よりも、女性の人間関係が怖いと言われる理由は、単にグループを作って集団で行動したり、悪口やうわさ話を拡散させるだけではありません。

女性は、男性よりも嫉妬心や執着心が強いのです。

男性であれば気にならないような本当に些細なことに対してでも、女性は強く嫉妬し、どこまでも執着するから怖いんですよね…

男性から言わせれば、何の生産性もなく、無駄なものにエネルギーを注いでいるように思えるかも知れませんが、女性たちは男性にとってどうでもいいことに激しく嫉妬したり、いつまでも執着する傾向が強かったりします。

もちろん、男性も同僚などに嫉妬しますが、その対象は仕事の評価や能力の差といった場合がほとんどです。

一方、女性の場合は、「ちょっと若くてカワイイからって調子に乗って許せない!」といった感じで、気に食わないという単純な理由で人を嫉んだりしますからね。

また、嫉妬するだけで終われば、まだマシな方で…相手の反応(リアクション)が気に入らないと、執着して徹底的に追い詰めたりもするので本当に怖いと思います。

恐怖の根底には、女性特有のこの強い嫉妬心と執着心があったりします。

以上を踏まえたうえで、あらためて以下の関連記事をお読みいただくと、また違った発見があるかも知れません。

職場の人間関係にストレスを感じる女性は多い?
職場の人間関係が女性に与えるストレスとその原因・対処法とは?

職場での悩み事は尽きませんが、仕事内容よりも人間関係に思い悩む傾向は、男性と比較して女性の場合、少し事情が違ったりします。 男性にはない女性特有の人間関係ってありますからね。 たとえば女性特有のグルー ...

続きを見る

女性の場合、嫉妬心と執着心がハンパないということです。

下手に男性が間に入って余計なことをすると、さらに女性特有の嫉妬心や執着心を煽る結果になってしまう危険もあるのでご注意ください。

スポンサーリンク

職場で女性たちに嫉まれる要素とは?

女性ばかりの職場で人間関係がうまくいかない人というのは、どこかに嫉まれる要素があったりするものです。

嫉まれる要素を持っているからといって、それが決して悪いというわけではありません。

しかし、職場の女性たちに嫉まれると厄介なことが多く、場合によってはいじめや嫌がらせを受けたりします。

職場でいじめられるタイプの人
職場でいじめられるタイプの人には共通点がある?会社に馴染めない人は注意!

職場の上司や先輩社員から不当な扱いを受けたり、同僚に嫌がらせをされたり、女性社員に無視されたり、後輩社員やアルバイトからは陰口を叩かれたりする人っていますよね? 晴れて社会人となっても残念ながらいじめ ...

続きを見る

対処法は後述しますが、その前にまずは職場の女性たちの嫉妬心に火をつけやすい要素について把握しておくことが重要です。

職場で女性たちに嫉まれる要素

  • 社内での評価
  • 経歴
  • 家柄
  • 恋人や旦那
  • 交友関係
  • 私生活
  • 容姿
  • 身につけているもの

男性にとってはつまらないことかも知れませんが、職場の女性たちは上記のようなものを無意識にチェックしていて、自分と比較する傾向が強かったりします。

嫉妬の基準となる価値観は、相手が自分よりも幸せかどうかです。

それでは、かんたんに捕捉も兼ねてひとつひとつ考察していきましょう。

スポンサーリンク

社内での評価

社内での評価が気になるのは男性の場合も同様だと思います。

しかし、女性の場合は、仕事が評価されるよりも好感度だったり、社内の誰に気に入られているかを重視します。

女性にとっては上司に仕事ぶりが認められるよりも、どれだけ親密な関係にあるかが重要だったりするわけです。

たとえば、仕事ができなくてもそれほど気にはならないけど、いつも上司と仲睦まじく談笑している姿は鼻につくみたいな…。

女性にとって社内での評価とは、男性と違って仕事に関するものだけではないということです。

経歴

女性の場合、とくに輝かしい経歴があると嫉妬の対象になりやすかったりします。

たとえば、海外留学の経験が豊富だとか、ミスコンで優勝したことがあるだとか、元読者モデルだとか・・・

輝かしいというか、少しだけ人と違った経歴を持っている人は気をつけましょう。

家柄

女性というのは家庭的な側面も強いせいなのか、他人の家柄が気になったりする人もわりといたりします。

いわゆるお嬢様育ちみたいな人に嫉妬して、わざわざ粗探しをして叩いたりするケースもあるくらいですからね。

恋人や旦那

年代に関係なく、基本的に女性は恋愛に深く興味を示します。

他人の彼氏や旦那に興味を示す女性も多いですからね。

いくら仕事上での関係性に過ぎないといっても、職場で少し仲良くなると恋人や旦那の話をしたがる人は結構いたりしますよね?

恋人や旦那に対して女性が嫉妬心を抱くポイントは次の通りです。

  • イケメンかどうか?
  • 職業・勤務先の企業
  • 年収
  • 家事を手伝ってくれるか?
  • どれだけ尽くしてくれるか?

やはり容姿やスペックが気になるというのは、いわゆる婚活女子の価値観にも通じるものがありますね。

また、働く女性にとってパートナーが家事を手伝ってくれるかどうかは重要です。

家事を手伝ってくれるパートナーを羨ましく思う女性も結構いますからね。

羨ましく思うということは、当然、嫉妬の対象にもなり得るということです。

交友関係

女性の嫉妬は恋人や旦那だけが対象ではなく、交友関係全体に及びます。

相手が自分以外の人と仲良くしているのを見るだけで、女性は嫉妬しますからね。

特定の人と仲良くしていると、ありもしないうわさを流されたりする危険があるので気をつけましょう。

決してそんなつもりはなくても、自分以外の人と仲良くしているのを見ると、仲間外れにされたと思う女性も少なくありません。

私生活

職場の女性たちは、仕事以外の私生活にまで首を突っ込んできたりします。

やはり他人の私生活が気になるようです。

休みの日に職場の人のSNSをチェックしている女性もわりといますからね。

家族で旅行したり、下手に充実した生活を送っているのが伝わってくるような画像をSNSに投稿していると、嫉まれたりするのでご注意ください。

疲れ果てて、休日は寝たきりの人からすれば、リア充は十分嫉妬の対象です。

容姿

女性にとって容姿というのは重要です。

美は女性にとって永遠のテーマでもありますからね。

そして、美しさやかわいさは、そんな女性たちにとって嫉妬心を煽る要素でもあるというわけです。

顔の造形、体型、肌質、髪質、毛深さ…といった容姿に対して強い劣等感を抱く女性も多いですからね。

身につけているもの

女性は身につけているものにも敏感です。

  • 洋服
  • アクセサリー
  • カバン
  • 化粧品
  • 香水

上記のアイテムは、時には女性の嫉妬心に火をつけてしまう危険があります。

とくにブランド志向の年配者が職場にいる場合は、控えめなものを身につけた方が無難かも知れません。

スポンサーリンク

「嫉妬心×執着心×人数」は女性による派閥の公式

以下の記事で女性の多い職場は派閥が生まれやすいと書きました。

職場の派閥争い
職場の派閥争いに疲れた!派閥に入らないといけないの?

派閥争いのある職場というのは窮屈ですよね? 派閥は職場の人間関係をさらに複雑にします。 職場の中に派閥があると、一緒に働いている人たちとの間に敵対関係が生じるため、何かと時間や労力を奪われることになり ...

続きを見る

ただ派閥ができやすいだけでしたら、まだマシかも知れません。

以下の公式に当てはめて考えると、女性による派閥の怖さが浮かび上がってきます。

女性による派閥の公式

嫉妬心×執着心×人数

嫉妬心や執着心を数値化して、上記の公式に代入するとわかりやすいと思います。

かけ算なので数値が大きいほど、恐怖も倍増していくというわけです。

先ほども触れたとおり、男性と比較すると女性は些細なことに対してでも強い嫉妬心や執着心を抱く傾向にあり、さらにそれが集団化したら…想像しただけでも恐ろしいですよね?

スポンサーリンク

女社会で嫉妬されないための対処法

本題に入る前にまずは、以下の立ち振る舞いを押さえておいてください。

上記の内容を踏まえたうえで、職場の女性たちに嫉妬されないように振る舞う必要があります。

先ほどの関連記事と重複する部分もありますが、職場で女性たちに嫉妬されないためには以下の点に注意しましょう。

職場の女性たちに嫉妬されないためには?

  • 特定の人ばかりと仲良くしない
  • 過去に輝かしい経歴があっても苦労してきたことを伝える
  • 家柄が良くても苦労が絶えなかったことを明確に伝える
  • 恋人や旦那のスペックは控えめに話す
  • リア充アピールはしない方がいい
  • SNSのアカウントは教えない
  • 派手な格好は控えて目立たない

上記を実践するうえでポイントとなるのは、主に以下の2点です。

  • たとえ恵まれていても苦労が絶えなかったというキャラを演じる
  • 会社では高価なものは身につけず、目立たないこと

経歴や家柄、恋人、旦那、家庭などにおいては幸せぶりをアピールするよりも、さり気なく苦労してきたことを伝えれば、職場の女性たちの嫉妬心に火をつけることもなく、むしろ共感を得やすくなります。

たとえば、実家が裕福だった場合でも、いつもがんじがらめでそこには自分の居場所なんてなかった…といった感じで涙ながらに苦労を語れば嫉まれずに済むだけでなく、共感してくれる人もいるでしょう。

また、女性であればオシャレしたい気持ちはわかりますが、社内では高価なものは身につけず、目立たない方が安心して過ごせたりします。

スポンサーリンク

女社会に疲弊する女性は多い

嫉妬が渦巻く女社会に疲弊している女性も多いでしょう。

自分では嫉妬されないように気をつけていても、基本的に女性は気分屋なので、ちょっとしたことがキッカケで人間関係がこじれたりするものです。

事実無根のうわさを流されて、人間関係が悪化したといった話も女性にとってはよくあることです。

何も悪いことはしていないのに、知らずに誰かの嫉妬心に火をつけてしまうケースも当然あるでしょう。

つまり、十分気をつけていても、思わぬところで嫉妬の対象となってしまうのが女社会です。

女性特有の嫉妬心や執着心は、職場いじめや嫌がらせにもつながるため、もし生きづらさを抱えているようでしたら、体調を崩す前に次の手を打った方がいいでしょう。

そんな時こそ、次のステップへと進むチャンスかも知れませんからね。

思い切って環境を変えることで、人間関係の悩みも解消できたりするものです。

そう考えると、前向きな気持ちになれますよね?

もし現在の職場で人間関係が苦痛で仕方ないといった状況に陥っているのであれば、退職→転職というステップもひとつの手段として選択肢に入れておくと良いでしょう。

転職活動の第一歩!

退職するのであれば、いずれは次の仕事を考えることになります。

転職活動の第一歩としては、まずはリクナビNEXTに登録しておけば良いでしょう。

リクナビNEXTは業界最大手、求人数もトップクラスです。

なお、リクナビNEXTでは登録後に無料でグッドポイント診断ができて、強みを発見することで自分に合った仕事を探す際に便利です。

登録は無料です。

リクナビNEXT公式サイト

転職・求人サイトについては以下のページでシンプルにまとめているので参考にしてみてください。↓↓↓

転職・求人サイト一覧

もし自分で退職を切り出すことが難しい場合は、女性専用の退職代行サービスもあるので安心です。

女性専用の退職代行サービス

はじめての退職代行

退職代行ランキング

価格・安全・安心を基準にオススメを紹介!

-職場の人間関係

Copyright© 退職GO! , 2019 All Rights Reserved.