にほんブログ村 就職バイトブログへ

職場の人間関係

女性の多い職場で気をつけること!女に嫌われたらツライ?

2019年9月16日

女性の多い職場で気をつけること

女性の多い職場で働いている方も結構いらっしゃると思います。

中には女性ばかりの職場が苦手だという人も当然いるでしょう。

女性が多いと何かと気を遣ったりして大変ですからね。

基本的に男性と女性では扱い方も違いますし、とくに女性の扱いには注意しないと最悪の場合、職場の人間関係が崩壊する危険性さえあります。

逆に職場の女性たちを上手に扱うことができれば、明るく楽しい雰囲気で和気あいあいと仕事にも打ち込めて快適だったりするんですけどね。

とくに女性が多い職場においては、彼女たちをいかにうまく扱えるかが重要です。

職場の女性たちに嫌われたり、敵に回してしまうといろいろな意味でツライですからね…

女性の多い職場では気をつけることがたくさんあります。

もし現在、女性の多い職場で働いているようでしたら、この記事を参考にしてみてください。

女性をうまく扱えるかどうかはコミュニケーションの取り方次第

職場の女性たちとのコミュニケーションの取り方

職場の女性たちとのコミュニケーションの取り方

職場の人間関係というのは、あくまで仕事上の関係性ではありますが・・・

女性の多い職場においては、当然、一緒に働く彼女たちに最適化された仕事上の関係性が求められます。

男性と比べて女性は関係性を重視する傾向にありますからね。

女性はコミュニケーションを大事にするため、どうしても女性の多い職場で人間関係を良好に保つにはコミュニケーションの取り方が重要な要素となってきます。

また、職場の女性たちを上手に扱えるかどうかは、職場での自分の評価にも深く関わるため、慎重になった方がいいでしょう。

たとえば、職場の女性たちの評判が良い人というのは、若手社員からも慕われやすく、能力が高くなくても人間性が評価される傾向にあります。

逆に職場の女性たちの評判が最悪な人ほど、悪口やうわさ話の標的にもなりやすいため、たとえ優秀でも人間的に嫌われるケースもあったりするわけです。

女性ばかりの職場で嫌われても、何のメリットもないどころか、デメリットしかないですからね。

女性の多い職場でうまくやっていけるかどうかは、まさにコミュニケーションの取り方次第だったりします。

スポンサーリンク

女性中心の職場はトラブルが起こりやすい?

女性中心の職場

女性中心の職場

男性と比較して女性中心の職場は、トラブルが起こりやすいと言われることが度々あります。

派閥争いが起こりやすいのも女性中心の職場だったりしますからね。

職場の派閥争い
職場の派閥争いに疲れた!派閥に入らないといけないの?

派閥争いのある職場というのは窮屈ですよね? 派閥は職場の人間関係をさらに複雑にします。 職場の中に派閥があると、一緒に働いている人たちとの間に敵対関係が生じるため、何かと時間や労力を奪われることになり ...

続きを見る

女性中心の職場でトラブルが起こりやすい理由については、以下の影響が大きいと考えられます。

職場の女性たちによる上記のネガティブ要素によって、トラブルが引き寄せられるケースがほとんどではないでしょうか?

つまり、女性中心の職場で働く場合は、人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなるということです。

女性は空気を読んだり、察することに長けている面もあるため、表面化せずに水面下でトラブルが発生しているケースも多々あります。

以上を踏まえると、とくに女性中心の職場ではコミュニケーションの取り方がいかに重要かがわかると思います。

スポンサーリンク

職場の女性たちとの接し方・注意すること

女性の多い職場では、次のことに注意して彼女たちと接する必要があります。

職場の女性たちとの接し方・注意すること

  • 空気を読む
  • 清潔感
  • 話をする時は聞き役に徹する
  • 目線を合わせる
  • 悪口やうわさ話はうまく受け流す
  • 余計なことは言わない
  • 適度に褒める
  • 比較しない
  • 特定の人を特別扱い(えこひいき)しない

とくに女性の多い職場でのコミュニケーションにおいて上記の接し方は基本です。

それでは、もう少し掘り下げていきましょう。

空気を読む

女性は空気を読もうとします。

そして、男性よりも察するのが得意だったりします。

なので、女性はちょっとした相手の言葉遣いや態度にも敏感です。

女性たちと接するうえで空気が読めないと、無意識に発してしまった言葉が命取りになる場合もあるので気をつけましょう。

たとえば、空気を読めずに思わず発してしまった言葉にデリカシーがなかったり、決してそんなつもりはなくても相手によってはセクハラ発言として受け取られてしまう危険もあったりしますからね。

また、女性の場合、プライベートはもちろん、踏み込んでほしくない領域というのがあったりするので、会話の流れから相手の許容範囲を探るというのも重要です。

接し方としては、ちょっとした気遣いやさり気ないやさしさにも女性は敏感なので、そういった細かい部分にまで気が利くと人間関係もうまくいきます。

空気を読むうえで重要なのは共感力です。

スポンサーリンク

清潔感

どこの職場や学校でも、基本的に一般社会では不快感を撒き散らす人は嫌われます。

とくに女性は清潔感にうるさいです。

身だしなみは、女性と接するうえで最低限のマナーですからね。

また、清潔感というのは身だしなみだけでなく、言葉遣いやデスクの整理整頓にもあらわれやすいので気をつけましょう。

身なりは清潔でも、言葉遣いが汚かったり、デスクが散らかっている人も結構いたりしますからね。

話をする時は聞き役に徹する

基本的に女性はお喋りで、自分の話を聞いてほしい生き物です。

なので、自分のことばかり話す人はウザがられます。

とくに武勇伝や自慢話の類は、女性に嫌われやすいのでご注意ください。

また、求められてもいないのに下手にアドバイスするのもやめておいた方が良いでしょう。

「どうしよう~?」と困っている女性を見ると、親切心でアドバイスをしたがる男性もいたりしますが、女性の場合は、まず相手の話を聞いてあげて共感することが重要です。

共感もなく、アドバイスされても女性は満たされません。

アドバイスは求められた時にすれば良いのです。

女性と話をする時は、まず聞き役に徹するということが重要です。

目線を合わせる

ほとんどの女性は、偉そうな人を嫌います。

たとえ本当に偉い人であっても、態度にそれがあらわれていると嫌悪感を抱く女性も多いのではないでしょうか?

上司が男性の部下に接する時と同じ態度で女性と接すると、本人には決してそんなつもりはなくても、女性は威圧感を覚えるケースもあるのでご注意ください。

基本的に女性は、上から目線を嫌う傾向が強いですからね。

女性と話をする際には、相手に目線を合わせることが重要です。

悪口やうわさ話は受け流す

先ほども触れましたが、女性にとって他人の悪口やうわさ話はコミュニケーションの一環といった認識です。

悪口やうわさ話というのは、まったく生産性のない無駄話であり、何も良いことを引き寄せないわけですが、困ったことに構わず女性はそういった話題に触れてくることも多かったりします。

思わず「人の悪口は良くないよ」と言いたくなったりすることもあると思います。

しかし、ここで反論すると人間関係がこじれる可能性も出てくるので、「ふーん…大変だね~」といった感じで空返事で受け流すのが無難です。

決して一緒になって誰かの悪口で盛り上がったりしないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

余計なことは言わない

先ほども女性はお喋りだと書きましたが、つい会話が弾んで余計なことを言ってしまいそうになることもあるかと思います。

しかし、女性の前で余計なことを言ってしまうと、すぐに社内全体に拡散されてしまう危険があります。

たとえば、「〇〇さんが△△さんのこと、~って言ってたよ」という会話を耳にしたことはないでしょうか?

女性はうわさ話が大好きです。

知らないうちに話が大きくなって拡散される危険もあるので、女性の前では、どんなに会話が弾んでも決して余計なことは言わないように気をつけましょう。

適度に褒める

男性に比べて女性は感情的です。

ちょっとしたことでテンションが上がったり、逆に気分が落ち込んだりするのも女性の特徴だったりします。

そんな女性たちとうまく人間関係を構築していくにあたって褒めることは重要です。

誰でも褒められると嬉しいですからね。

「褒められると気分もいいし、仕事もがんばれる!」という女性はわりと多かったりします。

適度に褒めるというのを意識してみると良いでしょう。

比較しない

たとえ能力に差があったとしても、女性の前で誰かと誰かを比較するのはやめた方が良かったりします。

女性の場合、基本的に平等や横並びを望んでいるケースも多いですからね。

また比較することによって、嫉妬心に火をつけてしまったり、逆に自信を失くさせてしまったりする危険もあるので気をつけましょう。

特定の人を特別扱い(えこひいき)しない

女性は潜在的に特別扱いされたい願望を抱いていたりします。

しかし、自分以外の誰かが特別扱いされていると嫉む傾向にあります。

とくに女性の多い職場で特定の誰かを特別扱いするのは、嫉妬心を煽り、いじめや嫌がらせにもつながるので注意してください。

決して特別扱いしているつもりはなくても、そう思われてしまうだけで危険だということは肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク

職場で女性に嫌われるタイプ

職場で女性に嫌われるタイプの人は、陰口を叩かれたり、無視されたりといった感じで女性社員からも嫌がらせを受ける可能性が高いのでご注意ください。

残念ながら女性の多い職場というのは、いじめや嫌がらせも起こりやすかったりします。

些細なことがキッカケで、ひとりの女性に嫌われてしまうと、結果的に職場の女性たちすべてを敵に回してしまうケースもあるので気をつけましょう。

女性は集団化すると本当に怖いですからね…

女性を敵に回して会社に居づらくなったら・・・

女性の多い職場で彼女たちを敵に回してしまうと致命的です。

中には「職場の人間関係なんてどうでもいいし、たとえ嫌われても構わない!」というメンタルの強い人もいるでしょう。

職場の人間関係はどうでもいい?
職場の人間関係なんてどうでもいい!何も恐れる必要はない?

職場の人間関係が気になって仕方ない人というのは、無意識にこんなことを考えてしまう傾向があったりするようです。 職場の人たちは自分のことをどう思っているか? 上司は自分のことをきちんと評価してくれている ...

続きを見る

しかし、女性の集団を甘くみると痛い目にあうかも知れません。

職場の女性たちを敵に回すことによって、過去の過ちや不都合な真実を掘り起こされて、社内や取引先にまで拡散されてしまう危険も十分考えられます。

また、SNS全盛の昨今では女性に対するちょっとした発言が、セクハラ騒動を巻き起こしてネットニュースなどでも取り上げられたりしますからね。

職場の女性を経由して、上司によるパワハラや嫌がらせに発展するケースもないとは言えません。

そういった状況に陥ってしまうと、当然、会社にも居づらくなるでしょう。

ごく稀なケースだとは思いますが、もし職場の女性たちを敵に回して会社に居づらくなってしまったら、転職して新しい職場で再スタートするのも前向きで良いと思います。

転職活動の第一歩!

退職するのであれば、いずれは次の仕事を考えることになります。

転職活動の第一歩としては、まずはリクナビNEXTに登録しておけば良いでしょう。

リクナビNEXTは業界最大手、求人数もトップクラスです。

なお、リクナビNEXTでは登録後に無料でグッドポイント診断ができて、強みを発見することで自分に合った仕事を探す際に便利です。

登録は無料です。

リクナビNEXT公式サイト

転職・求人サイトについては以下のページでシンプルにまとめているので参考にしてみてください。↓↓↓

転職・求人サイト一覧

たとえ、女性たちを敵に回して失敗しても、その経験を次の職場で活かすことはできますからね。

反省を踏まえて、次は男性中心の職場で働くというのも良いでしょう。

現在の仕事を辞めたいけれど、事情があって辞めにくい状況でしたら、退職代行サービスを利用すれば大丈夫です。

はじめての退職代行

退職代行ランキング

価格・安全・安心を基準にオススメを紹介!

また、あなたが女性の場合、派閥争いなど女性同士で揉めたりすると、状況によってはなかなか自分で退職を切り出せないこともあるかと思います。

女同士の確執というのも泥沼化しやすいですからね。

もしそんな状況に陥ってしまった場合は、女性専用の退職代行サービスを利用すればかんたんに退職できます。

最近では20~30代の女性にも退職代行サービスは人気のようです。

-職場の人間関係

Copyright© 退職GO! , 2019 All Rights Reserved.