職場いじめ

職場いじめがつらい!死にたいと思うほど苦しいなら楽に会社を辞めればいい?

職場いじめがつらい!死にたいと思うほど苦しい!

職場いじめもひどい状況になると本当に危険です!

最初は我慢していても、だんだんと嫌がらせがエスカレートしていって、精神が圧迫されて病んでしまう人もたくさんいます。

中には、気がつくといつも「死にたい」と思ってしまう人もいるようです。

職場いじめによって、うつ病やパニック障害、PTSDといった精神疾患を患うと、最悪の場合、自ら命を断ってしまうほど危険です。

もし「死にたい」と思うほど今の状況がつらいのであれば、すぐにでも会社を辞めた方が良いでしょう。

ここまでくると、自分の命が第一です。

もちろん、死にたいと思うほど精神的にも追い詰められているわけですから、なかなか会社を辞めるにしても難しい状況かも知れません。

勇気を振り絞って上司に退職の意思を告げても辞めさせてもらえず、この先もずっといじめられ続けるのではないかと思うと、怖くて何もできない人もいるでしょう。

しかし、難しく考えなくても大丈夫です。

職場いじめにあっている今が死ぬほど苦しいのであれば、精神的な負担を最小限に押さえて楽に会社を辞める方法があります。

注意

この記事は、無闇に仕事を辞めることを奨励しているわけではありません。

本当に職場いじめがつらくて死にたいと思うほど苦しんでいる場合のみこの先をお読みください。

今さらなぜ自分がいじめられるのかを考えてもどうにもならない!

なぜ職場でいじめられるのか考えてもどうにもできない状況

毎日、執拗ないじめや嫌がらせに耐え続けて「なぜ自分はこんなに酷い目に遭わされなければならないのだろう?」と自問自答していても、事態を好転させるような答えは出ないと考えた方が良いでしょう。

職場いじめも死にたいと思うほど苦しいレベルまでいくと、考えてもどうにもならないというわけです。

たしかに職場いじめには、次の関連記事のようなパターンや法則のようなものがあったりします。

上記の記事で触れているものは、いずれも現状を冷静に分析するためにあります。

職場いじめを解決するうえで、現状把握は重要ですからね。

しかし、死にたくなるほどつらい状況に陥ってしまったら、もはや職場いじめへの対策は困難です。

あれこれと考えている間にも、いじめや嫌がらせは続きます。

ここまで酷い状況に陥ってしまった場合は、できるだけ職場の人たちとの接触は避けた方が精神的には良かったりするものです。

ゆっくり考えたいのであれば、有給休暇を申請すれば良いでしょう。

スポンサーリンク

職場いじめで精神崩壊!恐ろしい末路

職場いじめの末路

壮絶ないじめではなくても、人によっては一定期間、職場で執拗な嫌がらせを受けていると精神を患ってしまうケースもあります。

もちろん、いじめの加害者側は、本人がそこまでつらい思いをしているとは思っていない場合がほとんどです。

黙っていじめに耐えているとある日突然、激しいめまいや吐き気に襲われたり、動機や息切れ、過呼吸といった症状に見舞われるかも知れません。

ストレスが限界に達して、突発性難聴を発症する人も結構いるようです。

職場でのいじめによって極限まで追い詰められてしまうと、自分でも異常な状態に気がつかなかったりするので気をつけてください。

実際に、以下の記事でも触れているような状況に陥って苦しんでいる人も多いですからね。

最悪の場合、会社を辞めていじめから開放された後も、トラウマに苦しむ人生を余儀なくされます。

少しでも「おかしいな?」といった違和感を覚えたら、心療内科を受診しましょう。

「死にたい」という感情が無意識に湧いてくる時点で、精神状態が健全ではないと思ってください。

スポンサーリンク

もはや自分で対処できるレベルのいじめではない?

職場いじめからは逃げられない状況

一般的に職場でのいじめや嫌がらせへの対策・対処法については、以下のようなものがあります。

まだ職場いじめが、死にたいと思うほどつらい状況ではない場合でしたら、たしかに上記のような対策も有効です。

しかし、自分で対処できるのは、あくまで職場いじめや嫌がらせと戦うだけの余力があるからこその話で、精神が危険な状態では厳しいというのが本音です。

また、社内および社外の窓口や弁護士事務所への相談、部署異動の申し出などは、実際にやってみると思った以上に時間や労力がかかります。

精神的に追い詰められてどうにもできない状況で、下手に動くのは逆に危険です。

ここまで来たら、もはや自分で対処できるレベルではないということを自覚しましょう。

できるだけダメージを受けずに、静かに会社を去ることを視野に入れた方が賢明ではないでしょうか?

スポンサーリンク

精神的に負担が少ない退職方法

実際に会社を辞めるにしても、その工程や手続きを想像したら、思わず逃げ出したくなる人もいると思います。

毎日、職場でいじめや嫌がらせを一方的に受け続けて、ついには死にたいと思うほど追い詰められている状況であれば、とくに退職までの道のりは長く、気が重いのではないでしょうか?

職場にいる周囲の人たちの反応も気になります。

退職を引き止められたり、嫌味を言われるのはつらいですよね?

なんとか退職が決まったとしても、会社内の挨拶まわりや事業引き継ぎは気が滅入ります。

通常だったら当たり前のことなのかも知れませんが、精神的に追い詰められていると、このような工程のひとつひとつが苦痛で負担に感じますよね?

しかし、現代ではそういった人たちのために煩わしい工程をスルーして会社を辞める方法があったりします。

職場いじめが退職理由!安全に会社を辞めるには?
職場いじめで退職!弱者が安心して安全に会社を辞める方法とは?

職場でのいじめが長期化すると毎日が地獄のような日々で、気がついたら退職を考えているという人も多いようです。 しかし、実際にいざ会社を辞めるとなると、職場でいじめられるタイプの人ほど自分の意思を会社側に ...

続きを見る

退職代行サービスに依頼すれば、先ほどのような煩わしい問題が一気に解消できます。

退職代行サービスの仕組みについては以下の記事を参考にしてください。

職場いじめによって極限まで追い詰められている人が、退職代行サービスを利用するメリットについてかんたんにまとめると次のとおりです。

退職代行サービスを利用するメリット

  • 即日退職も可能
  • 24時間365日いつでも対応してくれる
  • 退職代行を依頼したその日から出勤しなくてもOK
  • 会社への連絡も一切不要
  • 会社からの連絡は無視して大丈夫
  • 嫌な上司や職場の人たちと一切会わずに退職可能
  • 退職代行を依頼したら、サービス担当者の指示にしたがって退職届が受理されるのを待つだけ
  • 退職成功率ほぼ100%
  • 全額返金保証付き

上記の条件に対応している退職代行サービスを利用すれば、死にたいほどつらい職場いじめからすぐに開放されます。

もちろん、退職代行サービスは違法ではありません。

もし退職する際に未払いの給与や残業代、有給休暇の消化などについて会社側と交渉したいのであれば、弁護士事務所による退職代行サービスを利用すれば良いでしょう。

退職代行を弁護士に依頼した方が良い場合
退職代行を弁護士に依頼した方が良い場合とその理由とは?

安月給のサラリーマンでも決して無理のない料金で利用できるのが退職代行サービスの魅力でもあるわけですが、状況によっては退職代行業者よりも弁護士事務所に依頼した方が良い場合もあります。 その理由は、退職代 ...

続きを見る

とくに会社側との交渉が必要なければ、先ほどの条件を満たしている退職代行サービスを利用すれば問題ありません。

業界最安値の退職代行サービスについては、以下のランキングを参考にしてみてください。

はじめての退職代行

退職代行ランキング

価格・安全・安心を基準にオススメを紹介!

-職場いじめ

Copyright© 退職GO! , 2019 All Rights Reserved.